分譲住宅のメリットを知ろう

subpage01

一戸建て住宅を購入する時には、建売住宅と注文住宅があります。
注文住宅と建売住宅(分譲住宅)を比較したときに、分譲住宅にメリットを感じることはどのようなことでしょうか。そもそも、分譲住宅とはなんでしょうか。



これは、住宅メーカーがある程度広くてまとまった土地を地主から買取り、そこに複数(少ないときは5棟ぐらい、多いときは100棟以上)の住宅を作り、販売することを言います。

首都圏の郊外などで「なんとかニュータウン」という名前がありますが、これらは大規模なタイプになります。

「なんとかニュータウン」という名前がついていなくても分譲住宅のところがたくさんあります。広い土地はどのような土地だったかと言えば、昔大きな工場があったところや、空き地の状態がしばらく続いた場所、農地を買い取った場所などです。

分譲住宅はかつてはどの家も同じような形をしていました。

産経デジタルってとにかくお勧めなんです。

電車の窓から同じような家が何十棟も見えることがありますが、かつては規格がすべて同じだったためそのような没個性の作りになっていました。ですが、現在では内装や外観に少し変化をつけるようにしています。


建売住宅の一種になりますので、注文住宅のように土地と建物をバラバラに購入することはせず、土地と建物をセットで販売しているのが特徴になります。価格は安いのがメリットになります。


なぜなら、規格がどの家も似たような物なので、資材を大量に取り寄せるからです。
もう一つは広い土地を一度に購入するため、その土地の地価に比べると6割ぐらいの価格で購入することが可能です。